テクシオ 20MHz 2ch任意波形ファンクションジェネレーター FGX-2220

参考価格: \89,640
価格: ¥81,000 (税込) (¥8,640の値引き)
ポイント: 810ポイント (¥810相当)
お届け日: 10日程度で発送(メーカー直送)
メーカー: テクシオ

  • 数量:
ソーシャルメディアにシェアする

テクシオ 20MHz 2ch任意波形ファンクションジェネレーター FGX-2220の 商品概要

<製品の概要>
FGX-2220は、任意波形機能を搭載したフル2チャンネルのDDS方式ファンクションジェネレータです。
2チャンネルともに波形、変調、トリガ機能など全ての機能が使用できます。
チャンネル間位相*の設定、周波数や振幅レベルの連動なども可能です。
3.5インチカラーLCD採用により各チャンネルの出力波形、周波数、振幅、DCオフセットの設定や任意波形の作成が容易です。
波形は、正弦波・方形波・パスル・ランプ波、ノイズとAM / FM / PM / SUM変調、
任意波形やスイープ、トリガドバースト / Nサイクルなど外部機器からのトリガ信号による波形出力機能をサポートしています。
また、最高9桁 150MHzの周波数カウンタ機能も搭載しています。
インタフェースは、USBホスト/デバイスを標準装備しておりPCコントロールとUSBから波形データを取り込むことが可能です。
フリーソフト「波形編集ソフトウェア」で簡単に波形を作成できます。
開発・設計および生産・教育現場など幅広くご使用いただける製品です。


<製品の主な特長>
◆ DDS方式を採用し高分解能な波形を出力できます
◆ 2チャンネル共、同じ機能が使えます
◆ 周波数分解能:1μHz
◆ 機能任意波形(チャンネル別に設定可能)

最高サンプルレート:120 MS/s
波形長:4Kポイント
振幅分解能:10ビット
波形メモリ:10個×4Kポイント

◆ 正弦波、方形波、ランプ波、パルス、ノイズ
◆ AM, FM, PM,FSK,SUM変調
◆ 周波数スイープ機能(内部/外部トリガ)
◆ トリガバースト/Nサイクル機能
◆ 設定メモリ:10個保存/呼出し
◆ 周波数カウンタ(外部信号の周波数を測定)
◆ USBホスト/デバイスを標準装備
◆ 3.5インチカラーLCD搭載

 


■2チャンネル連動モード 
FGX-2220は、フル2チャンネルのファンクションジェネレータです。
CH1、CH2共に、出力波形の種類・出力レベル・出力オン/オフなど全てを別々に設定できます。
また、2チャンネル連動モードとして周波数や出力レベルを連動させる周波数/振幅カップリング機能、
トラッキング(周波数/振幅)機能や、CH1とCH2の出力信号の位相(-180°〜+180°)を設定して出力することが可能です。*
 

■トリガモード 
CH1、CH2を外部トリガ信号で出力信号を制御できます。
トリガモードは、スイープ/バーストゲート/NサイクルがありCH1/CH2別々に設定が可能です。
外部トリガを使用することで治具などからの信号で発信開始を制御可能です。

<定格>

種類

正弦波、方形波、ランプ波、パルス、ノイズ、 任意波形

任意波形機能

 

最高サンプルレート

120MS/s

最高繰り返しレート

60MHz*

波形メモリ長

4Kポイント

振幅分解能

10ビット

不揮発性メモリ

4Kポイント

周波数帯域

20MHz(-3dB)

周波数

範囲

正弦波

1μHz〜20MHz *12

方形波

1μHz〜5MHz *12

ランプ波

1μHz〜1MHz

分解能

1μHz

確度

安定度

±20ppm

エージングレート

±1ppm/年

許容差

≦1mHz

出力特性

振幅*A

範囲

1mVpp〜10Vpp(50Ω負荷時)

2mVpp〜20Vpp(開放回路時)

確度

±(設定の2%+1mVpp)、1kHzにて

分解能

1mVまたは3デジット

平坦性(1kHz基準)

±1%(0.1dB)≦100kHz

±3%(0.3dB)≦5MHz

±5%(0.4dB)≦12MHz

±10%(0.9dB)≦20MHz

単位

Vpp、Vrms、dBm

オフセット

範囲

±5VpkAC+DC(50Ω負荷時)

±10VpkAC+DC(開放回路時)

確度

±(設定の2%+10mV+振幅の0.5%)

波形出力

出力インピーダンス

50Ω 代表値(固定)

>10MΩ(出力オフ時)

正弦波特性

 

波形ひずみ

DC~200kHz:≦-55dBc、振幅>0.1Vpp

200kHz〜1MHz:≦-50dBc、振幅>0.1Vpp

1MHz〜5MHz:≦-35dBc、振幅>0.1Vpp

5MHz〜20MHz:≦-30dBc、振幅>0.1Vpp


方形波特性

 

立上り/立下り時間

≦25ns、50Ω負荷、最大出力時*1

オーバーシュート

5% 代表値

対称性

周期の1%+5ns

デューティー可変範囲

1.0%〜99.0%;≦100kHz
10.0%〜90.0%;≦1MHz

50%(固定);>1MHz

ランプ波

 

直線性

<出力ピークの0.1%

シンメトリ可変範囲

0%〜100%、分解能0.1%

パスル波

 

周期

40ns〜2000s

パルス幅

20ns〜1999.9s*2

オーバーシュート

<5%

ジッタ

20ppm±10ns

AM変調

 

キャリア波形

正弦波、方形波、ランプ波、パルス波、ARB

変調波

正弦波、方形波、三角波、上昇ランプ波、下降ランプ波

変調周波数

内部;2mHz〜20kHz、外部;DC〜20kHz*3

変調度

0%〜120.0%

変調ソース

内部/外部*3

FM変調

 

キャリア波形

正弦波、方形波、ランプ波

変調波

正弦波、方形波、三角波、上昇ランプ波、下降ランプ波

変調周波数

内部;2mHz〜20kHz、外部;DC〜20kHz*

最大偏移

DC〜最大周波数

変調ソース

内部/外部*3

注意:外部ソース;最大±5V、約0Vでキャリア周波数

+電圧でキャリア周波数+周波数偏差

-電圧でキャリア周波数+周波数偏差

スイープ

 

波形

正弦波、方形波、ランプ波

種類

直線または対数

スタート/ストップ
周波数

1μHz〜最大周波数

スイープ時間

1ms〜500s

マーカ機能

マーカ周波数、オン/オフを選択可能

トリガ

内部/外部*5/手動


FSK変調

 

キャリア周波数

正弦波、方形波、ランプ波、パルス波

変調波

方形波(デューティー50%)

変調レート

内部;2mHz〜100kHz、外部;DC〜100kHz

周波数レンジ

1μHz〜最大周波数

ソース

内部/外部*6

外部ソース

TTL信号レベル

注意:TTLハイレベルでホップ周波数になります。

PM変調

 

キャリア波形

正弦波、方形波、ランプ波

変調波

正弦波、方形波、三角波、上昇ランプ波、
下降ランプ波

変調周波数

内部;2mHz〜20kHz、外部;DC〜20kHz

位相偏移

0°〜360°

ソース

内部/外部(MOD INPUT端子の最大電圧は±5V)

SUM変調

 

キャリア波形

正弦波、方形波、ランプ波、パルス波、ノイズ

変調波*

正弦波、方形波、三角波、上昇ランプ波、
下降ランプ波

変調周波数

内部;2mHz〜20kHz、外部;DC〜20kHz

SUM変調

0%〜100%

ソース

内部/外部*8

外部トリガ入力

 

種類

FSK、バースト/Nサイクル、スイープ

入力レベル

TTLコンパチブル

スロープ

立ち上がりまたは立下りを選択(スイープは除く)

パルス幅

>100ns

入力
インピーダンス

10kΩ

周波数

DC〜20kHz

トリガ出力

 

種類

バースト、ARBの先頭とスイープのマーカ*9

レベル

TTLコンパチブル(50Ω)

パルス幅

>450ns

最大レート

1MHz

Fan-out

≧4TTL負荷

インピーダンス

50Ω 代表値

デュアルチャンネル機能

CH1

CH2

 

位相

-180°〜+180°

-180°〜+180°

同期

位相同期

位相同期

トラック機能

CH2=CH1

CH1=CH2

カップリング

周波数(レシオまたは差)

周波数(レシオまたは差)

振幅とDCオフセット

振幅とDCオフセット


バースト(Nサイクル/ゲート)

 

波形

正弦波、方形波、ランプ波、ARB

周波数

1μHz〜5MHz *13

バーストカウント

1〜65535

スタート/ストップ位相

-360°〜360°

内部周期

1ms〜500s

トリガソース

マニュアル、内部または外部

トリガ遅延

 

N-サイクル、無限

0s〜655350ns

周波数カウンタ

 

範囲

5Hz〜150MHz

確度

タイムベース確度±1カウント

タイムベース確度

±20ppm(23°±5°)、30分エージング後

ゲート時間/表示桁数

0.001s/6桁、0.1s/7桁、1s/8桁、10s/9桁

分解能

最高分解能:100nHz(<1Hz)、0.1Hz(<100MHz)

入力インピーダンス

1kΩ

感度

35mVrms〜30Vrms(5Hz〜150MHz)

保存/呼出

 

ARB/パネル設定

10グループ

インターフェース

 

USBホスト

外部USBメモリへ波形を保存または呼出

USBデバイス

PCコントロール(USB-CDC)

ディスプレイ

   

3.5インチカラーTFT液晶(320×240ドット)

一般仕様

 

信号グランド

全ての入出力端子のグランドはシャーシグランドに接続

電源電圧

AC100V〜240V、50~60Hz

消費電力

25W(最大)

動作温度

使用保証範囲18℃〜28℃、動作温度0℃〜40℃

相対湿度

<80%、0℃〜40℃

設置カテゴリ

CAT ?

寸法

266(W) x 107(H) x 293(D) mm

質量

約2.5kg

付属品

CD(ユーザーマニュアル)、電源コード、
BNC-ワニ口ケーブル:GTL-101×2


*:正弦波のみ
*1:周波数が5MHz(周期が<200ns)以上では、設定周波数と波形の立上り/立下り時間の制約により振幅の減少や波形歪みが大きくなります。
*2:パルス幅の設定は、20nsまで設定はできますが、100ns未満では、設定周波数が高くなるとパルス形の立上り/立下り時間により振幅が制限されます。
*3:外部変調ソースを選択した場合、背面パネルのMOD入力端子から入力する変調信号(最大±5V)に制御されます。変調度が100%に設定されている場合、
キャリア振幅は、出力設定電圧の約1/2となり、外部信号の振幅が+5Vで振幅は最小になり、-5Vで振幅は最大となります。
*4:外部変調ソースを選択した場合、変調周波数は、背面パネルのMOD入力端子に入力される最大±5Vの信号でコントロールされます。周波数偏差は、入力信号の
電圧に比例します。例えば、変調信号の電圧が正の電圧で周波数は増加し、+5Vで設定されたキャリア周波数+1/2周波数偏差となり、負の電圧を入力すると、
周波数は減少しキャリア波形-1/2周波数偏差の信号となります。0V近辺でキャリア周波数となります。 
*5:外部トリガソースを使用すると、背面パネルのトリガ入力端子に入力されたトリガパルス(TTLハイレベル)を受信するたびにスイープします。
トリガ信号の周期は、スイープ時間設定(最小時間1ms)と等しいか遅くなるように設定してください。 外部トリガ信号の周期≦スイープ時間
*6:外部トリガ入力端子に入力されるTTLレベルの信号でコントロールされます。
TTLハイレベルでホップ周波数になり、TTLローレベルでキャリア周波数となります。
*7 :位相偏差は、背面パネルのMOD INPUT端子に入力される最大±5Vの信号でコントロールされます。外部信号が+5Vの場合、位相偏差は設定値と同じになります。
*8:外部変調ソースを選択した場合、SUMの振幅は、背面パネルにあるMOD入力端子の信号(最大±5V)でコントロールされます。
例えば、SUM振幅を30%に設定している場合、キャリア信号の振幅は70%(100%-30%)となり、外部入力信号が+5Vでキャリア波から入力信号の約30%が
引き算され、-5Vでキャリア波に入力信号の約30%が加算されます。 出力信号振幅:キャリア波振幅×(100%-SUM Ampl%)-外部信号振幅×SUM Ampl%
*9:CH1/CH2を同時にスイープモードまたはバーストモードにしたとき、CH2のマーカが優先されます。
*10:Infinit(無限回)の場合、トリガはマニュアルのみです。
*11: SUM変調の変調波形で方形波を選択した場合、周波数によってはオーバーシュートがあります。
*12:設定範囲は1μHz〜25MHzで20MHz以上は精度保証外になります。
*13:設定範囲は1μHz〜25MHzで5MHz以上は精度保証外になります。